カナダ留学ならカミリオン・カナダ留学センター

ワーキングホリデー

勉強、仕事、旅行、趣味、遊びと、1年間時間を自由に使い、カナダ生活を満喫できるワーキングホリデーは、自由度の高い海外生活を求める人に大人気の滞在方法です。

カナダのワーキングホリデー

カナダのワーキングホリデーは、若者がカナダでの滞在を通してカナダの文化に親しみ、カナダについて理解を深めることを目的とした、IEC(インターナショナル・エクスペリエンス・カナダ)プログラムの一つです。現地で働くことができ、滞在費や旅行資金を補いながら、最長1年間滞在することができます。

ワーキングホリデーの1年間は、カナダ国内を自由に移動し、好きな都市に滞在し、勉強をし、アルバイトをし、旅行や趣味、遊びを楽しみ、現地の人たちと同じように日常生活を送ることができます。日本では『ワーホリ』というで呼び名で親しまれています。

2022年カナダワーホリビザの概要

2022年のカナダワーキングホリデーの応募枠は、6,500人です。

昨年までに引き続き、Rounds of invitationsという招待システムにより、申請の第一段階でIECプール(IEC Pools)にIECプロファイルを登録した人の中から、移民局がランダムに選んだ人のみが最終的な就労ビザの申請に進めるシステムです。そのため、参加条件を満たしているからといって、必ずワーキングホリデーの参加資格が得られるわけではないことを念頭に置きましょう。

IECプールとは

ワーキングホリデー参加希望者のプロファイル(氏名、生年月日、国籍、連絡先等の情報)が保存されるところです。

Rounds of invitationsとは

カナダ移民局が、一年を通して定期的にIECプールの中から就労許可証の申請へ応募者を招待することを指します。どのラウンドで招待されるかは分からないため、招待されるまでに何ヶ月もかかることもありますし、招待される前に募集定員に達してしまったり、応募期間が終了してしまうこともあります。

参加資格

カナダのワーキングホリデーは、一生で一度しか参加することができません。

  • 日本国籍を有すること
  • カナダ滞在期間の残留期間がある日本のパスポートを有すること(ワーキングホリデーは、パスポートの期限を越えて発給されません。)
  • 申請時に日本在住であること(日本に住所がある)
  • 年齢が、18歳以上30歳以下であること
  • 最低2,500カナダドル相当の資金を有していること
  • 滞在期間中の医療保険に加入すること (カナダ入国の際に保険加入の証明を求められることがあります。)
  • カナダの入国を許可されること
  • 出発前に往復航空券を保持しているか、カナダ出国の航空券を購入する十分な資金があること
  • 扶養家族を伴わないこと
  • 申請費用を支払うこと(IEC参加費$153、Open work permit holder fee$100、バイオメトリクス登録料$85)

申請手順

2022年カナダワーキングホリデーの申請方法は、大きく分けて3つのステップから成ります。申請はすべてオンラインで行うため、申請料支払い用のクレジットカード、提出書類のスキャンコピーが必要となります。申請過程で、バイオメトリクス(個人識別情報)の登録手続きのために、東京のカナダビザ申請センターへ出向く必要があります。

  1. IECプールへの登録

    移民局のアカウントを作成するページへアクセス。『Sign in with GCKey』よりアカウントを作成し、IECプールへ登録する。登録にはパスポートが必要です。IECプロファイルの作成開始後60日以内に提出しないと、最初からやり直しになります。
    1年以内にカナダ移民局によりワーキングホリデーの候補者として選ばれた場合、就労許可証申請への招待状が届く。 (IECプールへの登録期間は最長1年間。または応募締め切り時点で登録失効となります。)
    10日以内に招待を承認する。10日以内に承認しないと招待状は無効となり、再度IECプールの登録からやり直す必要があります。

     

  2. 就労許可証の申請

    招待を承認してから20日以内に、オンラインで就労許可証の申請書を提出する。
    申請書の入力が終わると、申請に必要な申請書類のリスト(Personalized Document Checklist)が作成されます。提出書類を準備し、提出する。
    ▫Family Information Form (IMM5707)(家族構成)
    ▫CV/Resume(英文履歴書)Digital Photo(証明写真)
    ▫Passport/travel document(パスポート)
    この他、過去に特定の国に滞在したことがある人は、その国の無犯罪歴証明書や健康診断を求められることがあります。
    申請料を支払う。IEC参加費$153、Open work permit holder fee(オープン就労許可証保持者費)$100、バイオメトリクス登録料$85。支払い方法はVISA、Mastercard、AMEXいずれかのクレジットカード。

     

  3. バイオメトリクスの登録

    就労許可書の提出後、24時間以内にバイオメトリクスのリクエストレター(BIL-biometric instruction letter)を受信。レターの発行後30日以内に、東京、または大阪のカナダビザ申請センターで登録手続きをする。バイオメトリクスを提出すると、就労許可書の審査が開始されます。審査期間は8週間とされていますが、コロナの影響でもっと長くかかることもあると言及されています。

 

審査結果の通知

就労許可書の許可が下りると、アカウントに、Port of Entry (POE) Letter of Introductionという通知書が届きます。POEは、入国の際に必要な書類なので、プリントアウトして大切に保管しましょう。

このような方にぴったりです!

  • カナダで英語を勉強したい
  • 海外で働く経験をしたい
  • カナダ横断の旅がしたい
  • カナダのポップカルチャーや文化に興味がある
  • 世界中の人と友達になりたい

カナダのワーキングホリデーにやってくる人たちの目標は千差万別。ただ海外生活を経験してみたい!それだけでも十分な目標となり得るのがワーキングホリデーです。英語を学びながら、旅をしながら、働きながら、とにかく海外生活を経験してみたい、ワーキングホリデーではそんな自由な海外生活の実現が可能です。

カナダでワーキングホリデーをする魅力

世界の暮らしやすい国ランキングで常に上位のカナダ。誰にでも平等の精神で、外国人としても安心して暮らせる環境は、ワーキングホリデーにも最適です。

外国人に寛大で安全な環境

カナダは世界でも有数の移民国家です。多文化に寛大であることが当たり前とされている環境の中で、外国人であることを意識せずにリラックスして暮らせる安心感があります。

国際色豊かな環境

カナダの人間模様はまさに世界の縮図。都市部では人口の約半数が移民という土地柄、様々なバックグランドを持つ人たちとの関わりが身近にあります。多様な文化、宗教、言語的背景を持った人たちとの触れ合いは、日本ではできない経験になることはもちろんのこと、グローバル社会へ出ていくための実践的な練習の場となります。

きれいな英語

カナダでは、世界的にスタンダードな英語が話されています。地域別の特徴的な訛りやアクセントがほとんどなく、カナダ全体で同じ発音の英語が使われています。ワーキングホリデーでは英語学習を滞在の目的とする人も多いため、英語学習の初期段階で聞き取りやすいスタンダードな英語に触れることで、より効果的な英語学習が期待できます。

半年まで学校に通える

カナダのワーキングホリデーでは、滞在期間中半年まで学校へ通うことができます。半年間フルタイムでみっちり学ぶこともできますし、最初の3ヶ月だけ通ったり、午前中は学校へ通い午後はアルバイトなど、自由にスケジュールを組むことができます。

働ける

ワーキングホリデーの一番の魅力は、最長一年間カナダで働けることです。職種、地域、就労時間などに縛りがないため、自由に就職活動をして働くことが可能です。

学校に通う

カナダのワーキングホリデーでは、最長半年まで学校へ通うことができます。多くの人が、現地でのアルバイト生活に備えて、入国後すぐに語学学校に通っています。

どの程度学校に通うかは、ワーキングホリデーの目的や資金によって様々です。ワーキングホリデーの目的が英語力向上の場合は半年間しっかりと通う人が多いですし、ある程度の基礎力を身に付けばよいという場合は2~3ヶ月程度という人も多いです。最初の3ヶ月はフルタイムで通い、残りの3ヶ月は午前中だけなどの組み合わせも可能です。 また、英語の勉強だけにとどまらず、短期で習得できる専門的なプログラムを受講することもできます。

おすすめのプログラム

英語環境で働くための英語コースと、英文履歴書、カバーレターの書き方、面接の練習などのジョブトレーニングと仕事紹介がセットになった「ワーキングホリデープログラム」への参加が可能です。現地での仕事探しに不安がある方も、仕事探しのサポートをしっかりと受けることができるので安心です。

カナダで働く

現地で働けることは、カナダのワーキングホリデー最大の特徴です。英語を使った就労経験を積むことや、生活費を補うためなど目的は様々ですが、ワーキングホリデーでカナダに滞在する人のほとんどが何かしらのアルバイトを経験しています。

  • どんな仕事がありますか?

    レストラン、カフェ、ファストフードなどの飲食店、アパレルや雑貨などの小売店、時期によってはツアーガイドやスキーリゾートなどで働く人が多いです。

  • どのくらい稼げますか?

    シフト制の仕事が多いので、毎日フルタイムで働くことは難しいこともあります。給与は各州が定める最低賃金であるケースも多く、滞在費用を丸々稼ぐというよりは、生活費や旅行資金、お小遣いを補填する程度であることが多いです。あくまでも目安として、一ヶ月の給料は$1,000前後ぐらいが平均的です。

  • 英語ができなくても仕事は見つかりますか?

    仕事の内容により必要な語学力の程度は大きく異なります。日本人が経営する日本食レストランや、スタッフも顧客も日本人という日系企業では、英語は日常会話がある程度できるレベルから募集があります。地元のレストランでも、ディッシュウォッシャーなど内部の仕事では、英語力はほとんど問われないこともあります。

ワーキングホリデーの費用

カナダのワーキングホリデーで一年間にどのくらいの費用が必要かは、学校に通う期間、ホームステイや貸し部屋など滞在方法、アルバイトの時間数、旅行やエンターテイメントなどの生活スタイルによって大きく異なります。物価は日本とあまり変わらないので、日々の生活費は日本での生活を参考にするとある程度の予測を立てることができます。

最初の数ヶ月は学校に通い、ホームステイも経験してみたいという場合には、少なくとも100万円以上は準備しましょう。

ワーキングホリデーでは現地で働くことができますが、思うように仕事が決まらなかったり、働きたい時間数だけ働けないということもあります。慣れない環境で資金的な余裕がないのは想像以上に心細く、節約ばかりを気にしていてはせっかくの滞在を思いっきり楽しむことができないので、資金は出発前にしっかりと準備するようにしましょう。

ワーキングホリデービザの申請サポート

自分でワーキングホリデービザの申請をすることに不安がある場合は、カミリオン・カナダ留学センター提携の移民コンサルタントによる申請代行をご利用いただけます。

ワーキングホリデービザ申請代行費用:$495(税別)
英文履歴書作成(オプション):$100(税別)

※カナダでは、カナダ移民局公認の移民コンサルタント、もしくは弁護士以外の者が、カナダのビザ申請に関する案内やサポートをすることが法律上厳しく禁止されています。ワーキングホリデービザのサポートや代行申請を利用する際は、後々のトラブルを回避するためにも有資格者であるかを確認しましょう。

Contact

お問い合わせ

  • お名前
    ※全角

  • フリガナ
    ※全角カタカナ

    セイ

    メイ

  • メールアドレス
    ※半角
  • メールアドレス(確認用)
    ※半角
  • ご職業
  • ご希望の渡航都市
  • ご希望の出発時期

  • お問い合わせ内容
リセット
無料で
相談する
学校に
申し込む