カナダ留学滞在ビザ - 学生ビザ|カミリオン・カナダ留学センター

カナダ留学滞在ビザ - 学生ビザ カナダ留学。

ワーキングホリデーのカミリオン・カナダ留学センターのカナダ留学滞在ビザ - 学生ビザについて。
無料カウンセリングはこちら 無料資料請求はこちら
カミリオン・カナダ留学センターは、
カナダ留学、カナダワーキングホリデーの無料エージェントです。

カミリオン・カナダ留学センターlogo

 

カナダ留学滞在ビザ - 学生ビザ

学生ビザ

合計6ヶ月以上カナダで就学する予定がある場合は、出発前に学生ビザの申請をする必要があります。日本に在住している日本国籍の方は、オンラインで申請することができます。時間に余裕を持ってビザの申請に入りましょう。

*カナダの学生ビザの正式名称は就学許可証(STUDY PERMIT)です。カミリオン・カナダ留学センターのウェブサイト内では、便宜上「学生ビザ」の呼称で統一しています。

私の留学に学生ビザは必要?

学生ビザが免除される場合 就学期間が6ヶ月以下のコースで、入国からの滞在期間が6ヶ月以内の場合
学生ビザが必要な場合 1.就学期間が6ヶ月を超える場合
2.就学期間が6ヶ月以内でも
  • 公立の教育機関、または学位を授与する資格のある私立の教育機関でフルタイムの学生として就学し、その教育機関のキャンパス内で働きたい場合
  • 履修コースに必須科目として、co-opやインターンシップなどの実習が含まれている場合。
  • 受け入れされたコース自体が6ヶ月を超える場合。学校間の交流プログラムの場合を除き、受け入れされたコースそのものが6ヶ月を越えるコースの場合は、たとえそのコースの一部を受講し、6ヶ月以内にカナダを出国するつもりでも学生ビザが必要。

 

カナダ学生ビザ申請

学生ビザの申請は、以下のリンク先よりオンラインにて申請します。
カミリオン・カナダ留学センターご利用者の皆様には、画像付きの申請方法の詳細をご案内しています。

オンライン申請スタートページ

 

カナダの学生ビザ新規定~2014年6月1日施行~

カナダの学生ビザに関する新しい規定が、2014年6月1日付で施行されます。学生ビザの申請がより迅速に、そしてより簡単になることが期待されています。

目的

  • 正当な目的で就学するカナダの留学生へのサービスを向上するため
  • カナダの質の高い教育の国際的評価を保つため
  • プログラムが不正に運用されたり、悪用、誤用されたりすることを減らすため


以下に、カナダ移民局のウェブサイトに掲載されている学生ビザの新規定に関する内容をご案内しています。ビザに関しては、必ずカナダ移民局の本サイトを合わせて参照して下さい。


学生ビザ新規定に関する移民局のページ

 

カナダ滞在中の就学

申請者は、学校に入学し勉強を続け、プログラム終了へ向けて理に適った成果を上げる必要があり、違反があった場合にはカナダからの国外退去を招く可能性があります。

就学状況や成績が学校から移民局へ報告されますが、留学生個人へも移民局から就学状況や成績の提出が求められることがあります。

もう学生ではなくなったけれどもカナダの滞在を続けたい場合は、ビジタービザを申請して下さい。

学生ビザの無効について

プログラム終了後90日が経つと、就労ビザなどカナダに合法で滞在するためのビザを申請しない限り、学生ビザは無効となります。当初の予定よりも短いプログラムに変更したり、予定よりも早く勉強を終了した場合も、プログラム終了から90日で保持している学生ビザは無効となります。学校からトランスクリプトや公式な手紙など、プログラムの修了通知や、学士号、ディプロマ、サティフィケートを得た時点がプログラムの修了日とみなされます。この規定は、2014年6月1日以前に発行された学生ビザには適応されません。

PGWPについて

PGWP(ポスト・グラデュエーション・ワークパーミット)の申請者は、プログラム終了後、ビザ申請の結果が出るまでフルタイムで就労することができます。

 

学生ビザ発行の指定校

学生ビザは、各州・準州が決定する留学生受け入れの指定校で勉強する留学生にのみ発行されます。2014年6月1日以降に、指定校以外の入学許可書をもって提出された学生ビザ申請書は却下されます。 リストには記載されませんが、全てのプライマリー、セカンダリースクールは指定校となります。

  • 2014年6月1日以前に指定校以外の入学許可書をもって申請された学生ビザは、審査され、発行された学生ビザの期間勉強をすることができます。2017年6月1日までは、プログラムを終了するために学生ビザを延長することも可能です。

  • 2014年6月1日以前に発行された学生ビザで、指定校以外の学校で就学中の場合は、現在発行されているビザの期間はその学校で勉強することができます。2017年6月1日までは、プログラムを終了するために学生ビザを延長することも可能です。

  • 学生ビザの発行後に、在籍している学校が指定校のステータスを失った場合は、現在発行されているビザの期間はその学校で勉強することができます。2017年6月1日までは、プログラムを終了するために学生ビザを延長することも可能です。


指定校リスト

 

2014年6月1日以降の学生ビザ申請

学生ビザを申請する際には、指定校リストに記載されている「指定校ナンバー」をビザ申請書に記載する必要があります。さらに、授業料、自分と同行する場合は家族の生活費、帰国費用の十分な資金があること、法を守り犯罪歴がなく、カナダにとって安全な人であること(無犯罪歴証明書の提出を求められることがあります。)、健康で必要があれば健康診断を受ける心積もりがあること、許可された滞在期間が終了したらカナダを出国すると移民官を納得させることなど、その他の学生ビザ申請条件を満たす必要があります。

6ヶ月以下の就学について

6ヶ月以下の就学の場合は、学生ビザは必要なく、入学する学校が指定校である必要もありません。6ヶ月以下の就学でもあっても学生ビザを申請したい場合は、指定校である必要があります。


ビジタービザの申請が必要な国の留学生は、引き続きビジタービザの申請が必要です。

ビジタービザが必要な国籍リスト

 

学校の変更

2014年6月1日以降に学生ビザを申請した場合で、滞在中に学校を変えることにした場合には、たとえそれが同等レベルの勉強であっても、MyCICアカウントを通じてカナダ移民局へその旨を伝えなければなりません。

プログラムや学校を変えるときは、引き続き学生ビザ申請の条件を満たし、就労を希望する場合はその条件も満たしている必要があります。

 

キャンパス外での就労について

留学生受け入れの指定校にて、アカデミック、または専門的、職業的プログラムを受講する学生ビザ保持者は、別途就労許可書を申請する必要なく、勉強開始後すぐに週20時間まで、または夏休みなどの休暇期間中はフルタイムで就労が可能です。

  • 2014年6月1日時点で学生ビザとOCWP(オフキャンパス・ワークパーミット)を保持している場合は、引き続きそのOCWPの下働くことができます。

  • 2014年6月1日時点で、OCWPを申請中だけれどものまだ結果が届いていない場合は、ビザ申請の結果を待ち、ビザが届いてから働き始めることができます。

  • 2014年6月1日時点で、学生ビザを保持しているけれどもOCWPはまだ申請していない場合は、留学生の就労の条件を満たす限り、就労ビザを申請することなく働くことができます。

  • 2014年6月1日以降に学生ビザを申請する場合は、就労に関する条件が学生ビザに記載されます。

全てのケースにおいて、カナダで働くためには学生ビザの条件を満たし続ける必要があります。ESL/FSLの語学コースや一般的な趣味や準備コースは就労許可の対象となりません。(一般の就労ビザ申請の条件を満たす場合は別です。)

キャンパス外で働くための条件を満たすことは、留学生自身と雇用主の責任です。条件を満たさず働き始めた場合は、移民法違反となり刑罰の対象と成り得ます。


カナダで就労するためには、SIN(ソーシャル・インシュランス・ナンバー)が必要です。

SINについて

 

Co-op/インターンシッププログラム

留学生受け入れ指定校のアカデミック、または専門・職業プログラムにて、就労がプログラムの必須である場合に限り、Co-opまたはインターンシッププログラムとして働くことができます。その場合、学生ビザとは別に、Co-op就労ビザを申請する必要があります。

ESL/FSLの語学コースや一般的な趣味や準備コースは就労許可の対象となりません。(一般の就労ビザ申請の条件を満たす場合は別です。)

  • 2014年6月1日時点で、指定校以外のCo-op就労ビザを保持している場合も、現在のビザ期限内は働くことができます。2017年6月1日までは、そのプログラムを終了するために就労ビザを延長することも可能です。

  • 2014年6月1日時点で、アカデミック、または専門・職業以外のプログラムでCo-op就労ビザを保持している場合も、現在のビザ期限内は働くことができます。2017年6月1日までは、そのプログラムを終了するために就労ビザを延長することも可能です。

  • 2014年6月1日以前にCo-op就労ビザの申請書が受理されている場合は、指定校のアカデミック、または専門・職業プログラムでなくともCo-op就労ビザの取得が可能です。この場合、2017年6月1日までは、プログラムを終了するために就労ビザを延長することも可能です。 

 

カナダ国内での学生ビザ申請

プリスクール、プライマリーまたはセカンダリーレベルに就学する未成年者、交換または訪問学生、及び指定校入学の条件となる短期のコースやプログラムを終了した人を含むビジターは、カナダ国内にて学生ビザを申請することができます。


カナダ移民局の学生ビザ申請方法ページ