カナダ留学の種類 - 私の留学は何留学?|カミリオン・カナダ留学センター

カナダ留学の種類 - 私の留学は何留学? カナダ留学。

ワーキングホリデーのカミリオン・カナダ留学センターのカナダ留学の種類 - 私の留学は何留学?について。
無料カウンセリングはこちら 無料資料請求はこちら
カミリオン・カナダ留学センターは、
カナダ留学、カナダワーキングホリデーの無料エージェントです。

カミリオン・カナダ留学センターlogo

  • HOME >
  • 留学の種類

カナダ留学の種類 - 私の留学は何留学?

私の留学は何留学?ワーホリ?学生ビザ?


インターネットやウワサ話で見聞きする留学やワーホリの大量な情報。どれが正しくて何をい信用したらよいのか分からないという人も多いはず。このページでは皆様のそんな悩みを一挙に解決していきます。

私の留学に必要なビザはコレ!

年齢や希望の滞在期間から、皆様の留学に必要なビザの種類を分かりやすく表でご案内します。


各種ビザの詳細はこちら

各留学の詳細

自分の計画に合った留学の種類が分かったら、それぞれの詳細を見ていきましょう。
クリックすると詳細ページに飛びます。


ワーキングホリデー

勉強、旅行、そして現地の就労経験と盛りだくさん。一年間カナダでフル活動できる、自由度が高い大人気の留学方法です。

語学留学

短期から長期まで、第一目的はなんと言っても英語。就職や進学のため、または自分磨きのために、とにかく英語力の向上にフォーカスを当てた留学です。

キャリアアップ留学

ビジネスや旅行業など専門的な知識や資格の取得を目標に、キャリアアップを目差します。短期プログラムも。

公立カレッジ・大学留学

カナダのカレッジや大学を卒業し、準学士号や学士号、ディプロマの取得を目指します。カナダ移民を目指す人にも人気。

休学留学

大学を半年や1年間休学して語学留学やワーホリへ。今大人気の留学方法です。

高校留学

短期から長期の正規留学まで。少しでも若いうちにと注目度急上昇の高校留学。

大人世代・シニア留学

人生にもう一つの豊かな経験を。日本人スタッフが常勤、長年の定評で安心して参加できるプログラムをご紹介しています。

ボランティア留学

近年注目度の急上昇中の海外ボランティア。英語を勉強した後に、動物保護先進国カナダの「動物愛護ボランティア」に参加できます。

留学・ワーホリの疑問を解決!

留学やワーホリに関する疑問のアレコレをQ&A の形で分かりやすくご案内します。

  • 語学学校の後には旅行もしたい。勉強だけじゃないからワーホリじゃなきゃダメ?
  • 学生ビザで留学すると、「ビザの期間=学校の期間」だから、学校が終わったらすぐに帰国で旅行など余暇の時間がないのでは?というご質問をいただくことがあります。


    答えは「No」です。学生ビザの期間が学校の期間に付随して発給されることは正しいのですが、就学期間が半年ならビザは9ヶ月など、通常学生ビザは学校の期間にプラス数ヶ月間で発給されます。つまり、学校が終わった後もビザの期限には猶予があるので、その期間はカナダに滞在を続けて旅行をしたり、のんびりと過ごすことができるのです。もちろん、その期間現地で学校を延長として通うことも可能です。


    *ビザの期間は入国審査時の移民官の判断次第のため、事前に知ることはできません。

    *2014年6月のカナダ移民局による学生ビザに関する法改定によって、プログラム終了後90日間経つと学生ビザは失効されることになりました。

  • ワーホリって一回しかできないって本当?
  • 本当です。カナダのワーキングホリデーは一生の内たった一回しか取得することのできない大変貴重なビザです。1年間好きなところに暮らし、半年まで学校へ通うことができ、さらにどの雇用主の下でも働くことができる、こんなに自由度の高いビザはワーキングホリデー以外にはありません。


    特に2012年度の募集要項より、ビザ通知書のキャンセルができなくなりましたのでご注意下さい。つまり、実際にはカナダに入国しなかったとしても、通知書が発給された時点で参加とみなされ、二度とワーキングホリデーへの申請資格を得ることはできません。滞在期間を3ヶ月や半年など、1年に満たない期間で終わらせてしまった場合にも同様に、残りの期間を別の年に繰り越すことはできません。


    ワーキングホリデーはほかにはない貴重な種類のビザです。申請のタイミングを慎重に見極めましょう。

  • 滞在期間が1年に満たない場合、ワーホリには参加できない?
  • 「ワーホリの場合1年間滞在しないとならないですか?」という質問をいただくことがありますが、答えは「No」です。ワーキングホリデーは最長1年間というビザなので、1年以内だったら滞在期間は何ヶ月でも自由です。但し、残った期間を別の年に繰り越すことはできず、2度とカナダのワーホリの申請はすることができません。ワーホリは一生に一度のチャンスなので、申請のタイミングは大切にしましょう。


    もとから数ヶ月しか滞在できないと分かっている場合は、ワーホリではなくビジターや学生ビザなど、他の方法で滞在することをおすすめします。

  • 留学よりワーホリの方が安いって聞いたけど本当?
  • 「資金があまりないのでワーホリで行きます。」、「ワーホリの方が安いと聞いたのでそうしたいです。」ということを聞くことがありましが、これは正しい情報ではありません。ワーホリだから同じ学校の学費が安くなる、ホームステイ代が安くなる、というようなことはありません。ワーホリとはあくまでも留学のひとつの形です。学校の費用や宿泊代はビザの種類に関係なく誰でも一緒です。


    ではなぜ「ワーホリの方が安い。」というような情報が流れているのでしょうか。それは、ワーホリの場合は現地でアルバイトができる、つまり生活費を補うことができるという点です。カナダでは、学生ビザやビジターの語学留学では現地で働くことはできません。そのため、現地資金調達という視点から「ワーホリの方が安い。」という表現が生まれたのかと思います。


    しかし、実際にワーホリの人が語学学校に通いながらアルバイトができるかというと、そうしている人はほとんどいないのが現状です。

    理由①学校の勉強だけでも大変で、アルバイトをする時間がない
    理由②英語勉強中=就職活動には英語力が足りない
    理由③ワーホリでポピュラーな仕事はサービス業などシフト制の仕事がほとんどのため、たとえ英語力はあったとしても仕事の時間が学校と合わない。

    と、実際には学校とアルバイトの両立はほぼ難しいのが現状です。


    ワーホリの方も資金準備はしっかりとしましょう。

  • 語学留学=学生ビザ?
  • 語学留学とは、カナダで英語(またはフランス語)を学ぶために学校に通うことを指します。語学学校には、学生ビザの人も、ワーホリの人も、ビジターの人もいます。語学留学を半年以上する場合には学生ビザが必要ですが、学校期間が半年以内の場合は、ビジター、またはワーホリでもOKです。

  • ビジターで留学ってどういうこと?
  • 「留学=何かしらビザを申請しなければならない」と思っている方もいるようですが、答えは「No」です。カナダの場合、6ヶ月以内の留学にビザは必要ありません。ビジター(観光)というステイタスでパスポートのみで入国し、最長半年まで滞在、就学することができます。

  • 大学生の休学留学は何のビザ?
  • 大学を1年間休学して留学する「休学留学」が流行っています。とはいえ、「休学留学」という種類のビザや決まった滞在方法があるわけではありません。休学留学の場合も、期間や目的に合わせて、学生ビザの語学留学やキャリア留学、ビジターの語学留学、ワーホリと自由に選択することができます。