カナダ留学の種類 - 休学留学|カミリオン・カナダ留学センター

カナダ留学の種類 - 休学留学 カナダ留学。

ワーキングホリデーのカミリオン・カナダ留学センターのカナダ留学の種類 - 休学留学について。
無料カウンセリングはこちら 無料資料請求はこちら
カミリオン・カナダ留学センターは、
カナダ留学、カナダワーキングホリデーの無料エージェントです。

カミリオン・カナダ留学センターlogo

 

カナダ留学の種類 - 休学留学

カナダ留学の種類 - 休学留学

大学を半年間や1年間休学し、海外留学をする「休学留学」が人気です。
一度社会に出てしまうとなかなか長期の休みを取ることは難しく、たった数週間の休みを取ることも容易ではありません。半年、一年と席を空けるなんてことはまずできないために、「留学を考える=退職の覚悟」という大きな選択、決断を迫られることになります。
でも、大学生の今だったら長期間の休みを取ることも可能です。大学には、長期の休みをとってもまた同じポジションに戻ってくることができる休学制度があります。大学の4年間ほど時間を自由に使えるときは、この先の社会人生活においてもう2度とやってこないかもしれません。

そんな大学在学中の貴重な時間を、休学留学というかたちで、将来のために、就職活動のために、そして何より自分自身のために、最大限に有効活用したいという人が増えています。

また、日本では就職の際に『新卒』という大学卒業後の時期をブランド視する傾向が根強く残っています。人生の中で一度きりしかない新卒での就職をものにするために、卒業を待たずに在学中に留学する休学留学が人気を集める理由のひとつでもあります。

カミリオン・カナダ留学センターは現地の無料エージェントとして、皆様の学校選びや入学手続きを無料でお手伝いさせていただきます。
「こんな学校でこんなことが学びたい」と、学校に対するご希望や将来の目標についてお聞かせ下さい。
在学生や卒業生の感想や体験談を参考に、皆様のご希望に添える学校をご案内させていただきます。

新卒の就職活動に備えた休学留学

ここ数年日本の企業にも、社内の会議をすべて英語で行うという会社が出てきました。さらに2010年の夏には、ある大手企業が「社内の公用語を英語にする」と発表し、話題を集めるニュースにもなりました。アジアの国の中にはとうの昔から英語が就職採用時の必須となっている国も珍しくありませんが、日本は社内の英語力不足による世界からの遅れに対する危機感にやっとここ数年で目覚めたようです。これだけグローバル化が進む世の中で、日本の企業も世界の企業と同じラインに肩を並べていくためには、世界の公用語である英語を自社内で自由自在に操り、企業に勤める個々の人材が英語でも日本語と同じように自分の役職の業務をこなせることが求められています。日本でも就職に英語が必須となる日はそう遠くないかもしれません。

受験英語の粋を超え、ビジネス現場で本当に『使える』英語力を身につけるために、そして留学で培った語学と知識を新卒として就職活動に生かすために、今大学生の休学留学が大きく注目されています。

カナダの休学留学のポイント

カナダの面積は日本の約25倍、世界で2番目の国土面積を有するとても大きな国です。教育、環境保護、社会保険制度に力を入れており、「世界の中で一番暮らしやすい国NO.1」に5年連続選ばれています。カナダには世界中の多様な民族や文化が集まり、それぞれの宗教観や価値観を尊重しながら人々が暮らしている異文化国家な国です。英語の発音はカナダ全土で地域による発音の違いがほとんどなく、英語学習の場としても高い人気があります。
カレッジや専門学校も留学生を歓迎しているところが多いので、「英語+α」の留学にもカナダは魅力的な留学先となるはずです。

ポイント1 自分自身のために時間を使う

大学時代という人生にまたとない自由になる時間を、自分自身のために有効に活用し、さらに将来に役立てることができます。

 

ポイント2 本当に使える英語力の習得

まだまだ頭が柔らかく吸収力のある若いときに、日常生活やビジネス現場で使える生きた英語を体得することができます。

 

ポイント3 真の国際感覚を養う

人生の早い段階で海外生活を通し、自主性、自己アピール力、物事への柔軟な対応力など、グローバル社会において欠かせない国際感覚を身に付けることができます。

ポイント4 新卒での就職活動に役立てる

留学で身に付けた語学力、知識、スキルを新卒として就職活動に生かすことができます。

 

カナダの休学留学 - 過ごし方

カナダで休学留学の期間をどのように過ごすかはあなた次第です。
休学留学中に何をしたいか、何を学びたいかはそれぞれの目標や目的によりさまざまです。徹底的に英語を学ぶために語学学校へ通うこともできますし、専門的な知識を身に付けるために専門学校へ通うこともできます。ワーキングホリデー制度を利用してカナダでアルバイトを経験したりすることもできます。

今カナダで一番人気がある休学留学の過ごし方は、「英語+α」の留学です。
最初の数ヶ月間は語学学校で英語を学び、残りの期間は+αを目指して専門コースを受講します。休学留学の限られた時間を最大限に活用し、英語だけでなくさらにもう一歩上の何かを学ぶ留学です。


語学留学について
ワーキングホリデーについて

 

カナダの休学留学 - 人気の「英語+α」プラン

英語+ビジネス英語

ビジネス文書の書き方、電話応対、交渉の仕方、プレゼンテーションスキルなど、ビジネス現場で必要な英語力を身に付けます。

英語+ビジネスマネージメント

国際的なビジネスの場で活躍がするために必要なビジネス全般のコンセプト、マネージメント力を学びます。

英語+ビジネスアドミニストレーション

オフィスワークに欠かせないビジネスコミュニケーションやコンピュータースキル、経理などについて学びます。

英語+セールス&マーケティング

カスタマーサービス、リサーチ力、交渉スキルなど、セールスマーケティングに欠かせない知識を学びます。

英語+国際貿易

貿易業界で活躍したい人のためのプログラムです。貿易業界のトレーニング機関であるFITTのプログラムが人気です。

英語+ホスピタリティマネージメント

接客業、主にホテル勤務におけるノウハウを学ぶプログラムです。AHLAのプログラムが人気です。

英語+英語講師/児童英語講師

大人や子供に英語を教えるためのノウハウを学ぶプログラムです。実践的な授業が人気です。

英語+インターンシップ

カナダ企業でのインターンシップを経験します。海外企業で役立つマナーやスキルを学びます。

 

カナダの休学留学 - ビザの種類

カナダで休学留学をする場合、学生ビザ、ワーキングホリデービザ、ビジタービザ(観光)のいずれかの方法で滞在することができます。
留学の期間に合わせて滞在ビザを決め、必要があれば日本出発前に申請をしましょう。

学生ビザ カナダで半年以上学校に通う予定がある場合は、日本のカナダ大使館で出発前に学生ビザを申請します。
ワーキングホリデービザ 有効期限が一年間のビザで、6ヶ月までの就学、アルバイト、旅行などを自由に満喫することができます。ビザは日本出発前に申請します。
ビジタービザ(観光) カナダにパスポートのみで入国する場合、ビジターとして半年間滞在することができ、その間は自由に学校へ通うことができます。

 

語学学校ってどんなところ?

専門学校ってどんなところ?

留学生が選ぶ人気学校情報

カナダ留学滞在ビザについて

知っておきたいカナダ留学の魅力